学校沿革

九州は福岡で、
ファッション専門の教育を行って83年。
ファッションの歴史がここにあります。

1935年 (昭和10年) 5月 レディドレス香蘭女学院、開校。※学園創立 初代学院長山内良子、福岡市東小姓町にて
1939年 (昭和14年) 5月 東小姓町より上の橋(現大手門1丁目)に校舎移転。
1943年 (昭和18年) 12月 戦時中、不急学校閉鎖令により閉校、海軍専属被服工場となる。
1945年 (昭和20年) 12月 レディドレス香蘭女学院、再開 ※唐人町公会堂にて
1947年 (昭和22年) 4月 文化服装学院連鎖校となる。
1948年 (昭和23年) 5月 現校地(旧大工町)に新校舎竣工、あわせて財団法人へ組織変更。
1951年 (昭和26年) 6月 準学校法人へ組織変更
1961年 (昭和36年) 8月 第2代学院長に坂根嘉子就任。
1967年 (昭和42年) 9月 現北校舎、中校舎竣工。
1976年 (昭和51年) 10月 専修学校法制定により専修学校に組織変更。学校名を専門学校香蘭女学院と変更。
1987年 (昭和62年) 7月 中国大連市において日中友好ファッションショーを開催。
1988年 (昭和63年) 11月 文部省より専修学校職業教育高度化開発研究の指定校に選ばれる。
1989年 (平成元年) 4月 本館新築落成、あわせて校名を「香蘭ファッションデザイン専門学校」に変更。
1992年 (平成4年) 5月 文部省より専修学校職業教育高度化開発研究の委託を受ける。
研究テーマ:アパレルCAD導入による教育システムの研究開発
1997年 (平成9年) 3月 高等課程廃止。
1997年 (平成9年) 10月 文部省より専修学校職業教育高度化開発研究の委託を受ける。
※研究テーマ:体型計測、人台製作と被服原型の開発
2003年 (平成15年) 9月 経済産業省より"中心市街地商店街活性化"のための研究指定校に選ばれる。
2003年 (平成15年) 10月 東館増設
2005年 (平成17年) 11月 インターンシップショップ「AZIZ」OPEN
2006年 (平成18年) 8月 大川家具とのコラボレーション、家具のデザイン提供
2007年 (平成19年) 2月 「REVORUTION〜Made in KORAN」ソラリアゼファにて開催
2007年 (平成19年) 11月 エンジョイスペース大名にて「Mingle」ショップOPEN
2008年 (平成20年) 1月 「Re'birth 〜Made in KORAN」ソラリアゼファにて開催
2008年 (平成20年) 4月 第3代校長に岩本美津子就任。
2010年 (平成22年) 7月 北館設立。染色実習室など完備。
2010年 (平成22年) 9月 文部科学省より産学連携による実践型人材育成事業-専門人材の基盤的教育推進プログラム-共同研究
(プロジェクト名称:高齢者衣料製作に向けた計測法と仮想着想プログラムの開発)
2014年 (平成26年) 4月 「職業実践専門課程」初年度全4学科認可
2016年 (平成28年) 4月 第4代校長に深田勝久就任
2017年 (平成29年) 12月 イタリアのデザイン学校IEDと提携校になる