ファッションテクニカル科

世界に誇るジャパン・クオリティをその手で紡ぎだす力。
モノづくりの中心となる縫製士やパタンナーとしてのプロフェッショナルなスキルを身につけていきます。

主任 野田部 寛之 先生からひと言

服作りの根幹となる設計と製造のプロフェッショナルなスキルを身につける学科です。
着心地よく、美しいシルエット表現ができるパターンメーキングのスキルやどんな素材にも対応できる精密で高度な縫製スキルを身につけることができます。
これからは、ますます本物思考が求められていく時代となり、高い技術を備えている人が必要不可欠となります。
この学科のメソッドに沿って“クリエイティブでどんなものでもカタチにできる”スキルを手に入れましょう!!

主任 野田部 寛之 先生からひと言

レベルアップの流れ

自分だけにしか創造できない、プロフェッショナルな技術を培います。

1年次

ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

服作りの基礎を学ぶと共に、ドローイングや色彩、素材や商品知識などもしっかり習得し、デザイナーに必要な感覚・感性を磨きます。

2年次

実践的な授業を通して培う経験が
即戦力へと繋がります

より製造に関わる専門的な知識とテクニックを習得し、業界には欠かせない実践的な技術を中心とした授業によって、プロとしての現場力を育みます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

プロへの夢を実現させる、きめ細やかなカリキュラム。

総論
  • 服飾造形論Ⅰ・Ⅱ
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材Ⅰ・Ⅱ
  • 染色Ⅰ・Ⅱ
デザイン
  • ファッション色彩I
  • ドローイングⅠ
企画
  • プロデュースショーⅠ・Ⅱ
パソコン
  • アパレルCADⅠ
服飾造形
  • パターンメーキングⅠ・Ⅱ
  • ドレーピングⅠ・Ⅱ
  • ソーイングⅠ・Ⅱ
  • ハンドワークⅠ
  • 製帽・造花Ⅰ・Ⅱ
流通・販売
  • ファッションビジネス知識Ⅰ
  • ビジネスマナー
  • 市場調査Ⅰ・Ⅱ

授業内容の紹介

服づくりのすべてが知りたい!いろんな素材を扱えるようになりたい!思いを形にできる実践的な授業が中心です。

ソーイングⅠ・Ⅱ

1点もののサンプルから商業向けのライン生産まで、あらゆるシーンで求められるソーイング技術を学んでいきます。

染色Ⅰ・Ⅱ

テキスタイル染色における基礎知識を理解し、媒染、捺染、加工等についての知識や技術を習得します。

パターンメーキングⅠ・Ⅱ

縫えるパターンづくりが基本で、デザインの意図をくみ取りながら素材に合わせたパターンメーキングを学んでいきます。

ハンドワークⅠ

刺す、切る、折る、結ぶ、編むといった手作業をくり返すことで、クリエイティブでオリジナリティー溢れる作品を生み出す力を養うことができます。

必須受験資格

ファッションテクニカル科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技術検定 I・II・III ※必須
  • ファッション販売能力検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造技能士」※希望

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションテクニカル科の
企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4

就職先業種について

就職実績93%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
縫製職
CADオペレーター、ソーイングオペレーターなど
営業職
アパレルメーカー営業・企画など
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
その他
スタイリストアシスタント、
ブライダルコーディネーター、ECなど

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 祖母の影響で洋裁に興味を持ち、好きな事を仕事にしたいと思い、今の仕事を選びました。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 百貨店などに並ぶ洋服を縫製します。現在、私は量産に入る前の製品を1着丸縫いするサンプル縫製や他のオペレーターに縫製指導を行う、という業務を主にさせて頂いています。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中に技能五輪に出場できたことは私にとってとても良い経験になりました。 就職後も会社の支えがあり、金賞を取るまで大会に参加させて頂きました。この大会で学んだジャケットの縫製技術は今の仕事でも役立っています。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 自分の意欲次第で洋裁についてとことん学べる環境が整っているところが魅力だと思います。また、職業実践で実際の企業と意見交換できた機会は私にとって良い経験になりました。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 学校という場所は教えてもらえる環境が整っている場所です。 社会に出れば自分から動いて学ぶ、聞いて学ぶということが当たり前になります。 是非、社会に出る前に学校という最高の環境を利用し、自分のやりたいことにとことん向き合ってファッションを楽しんでください。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 クラシックバレエを習っていて、普段の洋服より細かい装飾がありキラキラしている舞台衣裳にずっと興味を持っていました。 同時に舞台を観劇することも好きで、舞台と衣裳のどちらにも関わることができると思い志望しました。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 日々の公演で出た衣裳のメンテナンスやお洗濯。本番中には、俳優さんの着替えのサポートをしています。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中は2年間フィッターとして学校行事に参加していました。モデルさんに衣裳を着せつける機会が多かったため、俳優さんへの着せつけの順番などはスムーズに覚えることが出来ました。 他にも外部でフィッターを経験することがあり、本物の舞台裏での着せつけはとても貴重な経験が出来たと思っています。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 在学中はとにかく沢山の服を制作することが出来ました。縫製もパターンも着数が増えると同時に上達していき、上手く縫えずに悩んでいるときは納得いくまで先生方が教えてくださいます。 服作りの基礎をしっかりと学ぶことが出来て自分の作りたい服を形にすることが出来るようになります。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 同じ目標を持ったクラスメイトや相談に乗ってくださる先生方と2年間過ごすことができて卒業後もファッションについて話すことができる友だちが出来たと思います。自分の好きなことを仕事に出来ることはとても素敵なことだと思っています。まずは思い切って挑戦してみてください!必ず応援してくれる仲間が香蘭にいます!

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 私は昔からモノづくりが好きで、専門学校で洋服を1から作り上げる楽しさを感じ、この職業を選びました。 元々パタンナーとしてこの会社に採用して頂きましたが、入社半年後に、デザイナーなどが所属している企画部に異動することになり、小物やブレードなどの指示書作成、ニットの製作に携わる様になりました。 私は何が自分に1番合っているのかを、入社して実際に働いてみて見つけられたと感じています。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 今は主にニットの製作に携わる仕事をしています。 デザイナーがデザインした物の1st出しから先上げまでの訂正仕様書を作成したりなど、良い洋服を作り上げる為に工場とのやりとりをしています。 自分が携わった洋服が実際に店頭に並んでいるのを見ると、とてもやりがいを感じます。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中の2年間で洋服に関する知識や技術がたくさん身に付き、学校で学んだ服作りの基礎が仕事でとても活かされています。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 先生方との距離感が近いので、気になったことは何でも質問することができるので、とても良い環境で学びたいことが学べると思います。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 私は専門学校に入学するまで、服作りなどの経験が無かったのですが、今では楽しく服飾に携わる仕事が出来ています。 自分の好きなことであればどこまでも成長出来ると思いますので、やりたいことを仕事にする楽しさを感じて頂きたいです。