ファッションテクニカル科

世界に誇るジャパン・クオリティをその手で生み出す力。
製造の核となるソーイングやパターンメーキング。
自分だけにしか創造できない、プロフェッショナルな技術を培います。

主任 野田部 寛之 先生からひと言

服作りの根幹となる設計と製造のプロフェッショナルな技術を学ぶ学科です。そのために、人体の構造に理解を深めながら様々なパターンメーキングを行います。また、そのパターンを基に実素材を用いてアパレル縫製やクチュール縫製といった縫製スキルを身につけていきます。この学科のメソッドに沿って”何でも作れる技術”を手に入れましょう!

主任 野田部 寛之 先生からひと言

レベルアップの流れ

自分だけにしか創造できない、プロフェッショナルな技術を培います。

1年次

ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

服作りの基礎を学ぶと共に、ドローイングや色彩、素材や商品知識などもしっかり習得し、デザイナーに必要な感覚・感性を磨きます。

2年次

実践的な授業を通して培う経験が
即戦力へと繋がります

より製造に関わる専門的な知識とテクニックを習得し、業界には欠かせない実践的な技術を中心とした授業によって、プロとしての現場力を育みます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

プロへの夢を実現させる、きめ細やかなカリキュラム。

総論
  • 服飾造形論Ⅰ・Ⅱ
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材Ⅰ・Ⅱ
  • 染色Ⅰ・Ⅱ
デザイン
  • ファッション色彩I
  • ドローイングⅠ
企画
  • プロデュースショーⅠ・Ⅱ
パソコン
  • アパレルCADⅠ
服飾デザイン
  • パターンメーキングⅠ・Ⅱ
  • ドレーピングⅠ・Ⅱ
  • ソーイングⅠ・Ⅱ
  • ハンドワークⅠ
  • 製帽・造花Ⅰ・Ⅱ
流通・販売
  • ファッションビジネス知識Ⅰ
  • ビジネスマナー
  • 市場調査Ⅰ・Ⅱ

授業内容の紹介

服づくりのすべてが知りたい!いろんな素材を扱えるようになりたい!思いを形にできる実践的な授業が中心です。

ソーイングⅠ・Ⅱ

1点もののサンプルから商業向けのライン生産まで、あらゆるシーンで求められるソーイング技術を学んでいきます。

染色Ⅰ・Ⅱ

テキスタイル染色における基礎知識を理解し、媒染、捺染、加工等についての知識や技術を習得します。

パターンメーキングⅠ・Ⅱ

縫えるパターンづくりが基本で、デザインの意図をくみ取りながら素材に合わせたパターンメーキングを学んでいきます。

ハンドワークⅠ

刺す、切る、折る、結ぶ、編むといった手作業をくり返すことで、クリエイティブでオリジナリティー溢れる作品を生み出す力を養うことができます。

必須受験資格

ファッションテクニカル科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技術検定 I・II・III ※必須
  • ファッション販売能力検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造技能士」(国家検定)I・II ※希望

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションテクニカル科の
企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4

就職先業種について

就職実績98%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
縫製職
パタンナー、CADオペレーター、ソーイングオペレーターなど
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
営業職
アパレルメーカー営業・企画など
その他

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 私の母がワンピースを作るのが好きで、私も洋服が縫える様になりたいと思った事と、父のスーツ姿を見て、こんなスーツが縫えたらワクワクして楽しいし、自分たちが作ったスーツを着る方の顔を想像して良いなと思った事でした。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 工場では、工程ごとでラインになっていて、今はプレス機と検査をやっています。 プレス機は、立体になっていて前身、後身、肩などの各部位、別々のプレス機です。 最終仕上げの一つ手前で、出来上がったスーツの形を整える作業です。 検査は、出来上がったスーツのしつけやミシン糸の始末とキズや不備が無いかをみています。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 毎回先輩や上司の方に新しい事を教えてもらう時、学校で教わった事が出てきたりするので、仕事がこなせています。 それと私は、趣味でスカートやパンツ、帽子を作ったりするのでその時に教わった技術を生かしています。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください いろんなジャンルやスタイルの洋服を友人やクラスの人と共有できるので自分のファッションの視野がとても広がりますし、それを作品として残していけるので自分たちがどれくらい成長したかなどが分かってとても楽しいです。 そして、分からないところがあった時、先生方との距離感が近いので聞きやすいし、根気強く教えてくださるので縫製やパターンメイキングなどが初めての方も学びやすいと思います。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 自分の好きだと思える事を続けられることは、恵まれてる事だと思うので自分に出来るのか不安だなと思う時があっても、がんばって続けてください。あきらめず続ける事も大事だと私も実感しています。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 もともとは縫製工場に就職したいと思っていました。 2年生の時に、”洋服のお直し”という仕事があると先生に教えていただき、「縫い」と「接客」があるこの職種に興味が出てきて、人と話すことも好きだったので、自分の性格にも合いそうだと考えて決めました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 洋服のお直しはその名の通り、修理が必要だったり、サイズが合わないお洋服をまた着られるように直す仕事です。 お客様が直したいお洋服を持って来店されて、直す方法の案やフィッティング などの接客をし、その後、お直し加工します。 提案したお直しがうまくいったり、仕上がりにお客様が喜んでくださったり、満足して帰られる姿を見ると何度でも何年たっても嬉しいものです。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中は、学校とアルバイトの両立に一生懸命だったと思います。 アルバイト代の主な使い道は、学校に必要な材料代、お昼ご飯代、携帯代そして、ヨーロッパ研修旅行の積立て代でした。 当時、本当に時間が足りないと感じていたので、時間は有限で大事だと気づきました。 今でも仕事の進め方や、いかに早くきれいに仕上りかなど、よく考えるので活かされていると感じます。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください 毎年小さなことでも知識や技術を身につけ、仕事に活かし、自分の自信の持てるものを増やしたいです。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 今の私がみなさんに伝えたいことは、 やりたい事があるのなら、どんどん実行してほしい。 ちょっと無理かなと思うことにも挑戦してみてほしい。 続けていることがあれば、これからも継続していってほしい、ということです。 結果が伴わなくとも経験として自分の成長にきっと繋がります。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 幼い頃からモノづくりが好きで”好き”を仕事にできればと思い、この仕事に興味を持ちました。 服は着る人の印象や気持ちを変化させてくれます。 私も誰かの人生に変化を与えられたらと思いパタンナーを志しました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 デザイナーさんから頂いたデザインを元にCADやドレーピングを用いてパターンを製作しています。 自身が手がけた商品が店頭に並び、多くの人が手に取ってくださるとやりがいや達成感をとても感じます。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 入学当初からこの仕事に就きたいと思っていたので、パターンの勉強には特に力を入れました。 今では自分の作りたい服を形にすることができ、仕事ではもちろん私生活でも趣味の一環として活かすことができています。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください これからも日々学びを続け、更なる技術と知識の向上に務めたいと思います。 よりデザイナーさんのイメージを形にしつつ、お客様のニーズに応えられる服作りを続けていきたいです。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします ファッション業界は常に変化を続けます。 その変化に対応し続けることは大変ですが、この業界を志した時の初心と、「服が好き」という気持ちを大切にしてファッションと向き合ってほしいなと思います。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 もともと縫製が好きで、中学生の頃から好きだったアイドルに関わる仕事をするのが夢でした。 人の心を動かすことができる衣装制作に携わりたいと思いました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 衣装の制作、スタイリング、管理やメンテナンスなどが主な業務です。 華やかなイメージを持たれがちですが、地味で体力が必要な業務が多くあります。 自分が携わったステージやメディアを見たり、衣装を着た方が喜んでくれた時にやりがいを感じます。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中はとにかく服をたくさん縫っていました。 縫製もパターンもやればやるほど身につきます。 技術を持っているのは強みです。香蘭で学んだ服作りの基礎が活かされている、と感じる毎日です。

Q4.これからの目標や叶えたい夢、ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 夢や目標があるのはとてもステキなことだと思います。 自分のやりたいこと、興味のあることがあるなら、諦めずに思い切ってやってみてください! 私ももっとたくさんの経験を積み、色々な技術を身に付けて、どんなことでも安心して任せてもらえる人になりたいです。