ファッションテクニカル科

世界に誇るジャパン・クオリティをその手で生みだす力。
製造の核となるソーイングやパターンメーキング。
自分だけにしか創造できない、プロフェッショナルな技術を培います。

主任 野田部 寛之 先生からひと言

服づくりの基礎からはじめ、パターンや縫製を中心としたスキルを“自らの手”で行っていきます。部分縫いやアイテム製作、パターンメーキングを通して、より実践的な服づくりのスキルを磨いていきます。卒業時には“作れないものは何もない”くらい服が作れるようになります。この学科のメソッドに沿って、早くて美しい服づくりを極めてみませんか?

主任 野田部 寛之 先生からひと言

レベルアップの流れ

自分だけにしか創造できない、プロフェッショナルな技術を培います。

1年次

1年次では、ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

服づくりの基礎を学ぶと共に、ドローイングや色彩、素材や商品知識などもしっかり習得し、デザイナーに必要な感覚・感性を磨きます。

2年次

実践的な授業を通して培う経験が
即戦力へと繋がります

より製造に関わる専門的な知識とテクニックを習得し、業界には欠かせない実践的な技術を中心とした授業によって、プロとしての現場力を育みます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

プロへの夢を実現させる、きめ細やかなカリキュラム。

総論
  • 服飾造形論
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材
  • 染色
デザイン
  • ファッション色彩I
  • ドローイング
企画
  • プロデュースII/Fショー
パソコン
  • アパレルCAD
服飾デザイン
  • パターンメーキングI
  • パターンメーキングII
  • ドレーピング
  • ソーイングI
  • ソーイングII
  • ハンドワーク
  • 製帽・造花
  • 生産管理
流通・販売
  • ファッションビジネス知識
  • ビジネスマナー
  • 市場調査
  • ファッション販売検定対策

授業内容の紹介

服づくりのすべてが知りたい!いろんな素材を扱えるようになりたい!思いを形にできる実践的な授業が中心です。

ソーイングI・II/基礎・アパレル

1点もののサンプルから商業向けのライン生産まで、あらゆるシーンで求められるソーイング技術を学んでいきます。

生産管理(マーキング)

衣服の生産工程において定められている用尺の生地。それにいかに効率的に、型紙をあてはめていくかの技能を習得していきます。

パターンメーキングI・II

縫えるパターンづくりが基本で、デザインの意図をくみ取りながら素材に合わせたパターンメーキングを学んでいきます。

ハンドワーク

刺す、切る、折る、結ぶ、編むといった手作業をくり返すことで、クリエイティブでオリジナリティー溢れる作品を生み出す力を養うことができます。

必須受験資格

ファッションテクニカル科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技能検定 I・II・III ※必須
  • ファッション販売能力検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造職種」(国家検定)I・II ※希望
  • ブロンズライセンス認定試験 ※希望

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションテクニカル科の
企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2

就職先業種について

就職実績99%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

縫製職
パタンナー、CADオペレーター、
ソーイングオペレーターなど
デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
スタイリストアシスタント・
ブライダルコーディネーター

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

髙木 姫美加さん

宮田織物株式会社 縫製部門
髙木 姫美加さん
※2015年 ファッションテクニカル科卒

髙木 姫美加さん

小さい頃からものを作ることが好きで、祖母が洋裁の仕事をしていたことにも憧れて、ものを作る仕事に就くことが夢でした。現在は、量産に入る前の先上げサンプルを作っています。企画から上がってきたファーストサンプルと仕様書を元に、修正がきちんとパターンに反映されているか、量産に入る時に縫いにくくないか、仕様書に記載漏れはないかなど、細かくチェックしながら作ります。入社後すぐに指導してくださった方が憧れの存在で、少しでも近づくことが今の目標です。私もその方のように誰かに教えられるよう技術を磨き、仕事にプライドを持って取り組む努力をしています。学校生活で学ぶこと自体は沢山ありますが、しっかりと復習し、繰り返すことで自身の力となるので、無理に先に進もうとせず、一つ一つ自分のものにして進むことが大切です。香蘭ファッションデザイン専門学校で学んだことは、仕事の基本となることばかり。将来、必ず役に立ちますよ。

進路・就職についてさらに詳しく