ファッションデザイン専攻科

3年制ならではの強みを活かし、高度な知識と技術を追求しマスターします。
ファッションの基礎から、プランナー、デザイナー、パタンナー、モデリスト、全てに通じる高度な専門能力を培います。

主任 宇土 ユカ 先生からひと言

ファッションデザイン専攻科カリキュラム、最大の特徴は服づくり、ものづくりを理解したデザイナー、パタンナー、企画者、モデリストの育成です。築きあげた実力は自信に繋がる。多くの卒業生がブランドデザイナーとして活躍。また独立・企業し、独自のデザイン活動を行っています。3年後確実に夢に一歩近付く、自身の将来像を描く礎を学ぶ最短のプログラムがここにはあります。

主任 宇土 ユカ 先生からひと言

レベルアップの流れ

プランナー、デザイナー、パタンナー、バイヤー、すべての職種に通じる高度な専門能力を養います。

1年次

ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

企画職・デザイナー・パタンナー・アパレルCADオペレーターに通じる実力の基礎を習得します。

2年次

技術と感性、そして表現力を伸ばし
即戦力となる人材に

1年次の基礎技術をもとに、よりアパレル業界の現場で必要とされる能力を、企画力(パターン力を含む)を中心として習得します。

3年次

プロとして通用する専門性を
追求します

デザイナーの感性と、アパレル業界で必要とされるプロデュース能力、そして将来、クリエーターとして独立可能な能力を養います。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

服づくりがわかるデザイナー育成カリキュラム

総論
  • 服飾造形論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材Ⅰ・Ⅱ
  • デザイン基礎
デザイン
  • 服飾デザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  • ファッション色彩Ⅰ・Ⅱ
  • ドローイングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
企画
  • ブランドプロデュース
  • プロデュースショーⅠ・Ⅱ
パソコン
  • グラフィックⅠ・Ⅱ
  • アパレルCADⅠ・Ⅱ
服飾造形
  • パターンメーキングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  • ドレーピングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  • ソーイングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  • ハンドワークⅠ
流通・販売
  • ファッションビジネス知識Ⅰ
  • 市場調査Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ビジネスマナー
  • ウェブマーケティング

授業内容の紹介

この道を極めたい!本気に応える充実の授業内容。基礎からじっくり学べるのも3年制ならでは。

ブランドプロデュースⅠ・Ⅱ・Ⅲ

ポートフォリオ、プレゼンシートや、その実物作品・商品の製作を通し、就職活動や入社後に必要なプレゼンテーション能力を養います。また各種コンクールへのチャレンジにも対応します。

パターンメーキングI・II・III

生産性などを考えて作るパターンは、服づくりにおける要のスキルとなります。

ドレーピングⅠ・Ⅱ・Ⅲ

立体での服作りを学ぶことでパタンナーとしてのスキルを磨き、デザイン展開の幅を広げることができます。オリジナリティあふれる作品もここから生まれます。

アパレルCADⅠ・Ⅱ

操作方法を学ぶことで、パタンナーとしてのスキルがアップし、現場で求められる人材となります。

ソーイングⅠ・Ⅱ・Ⅲ

デザインをよりよいものにするために知っておきたい基礎知識が満載です。また、アパレル、クリエイティブと、より専門的に学んでいきます。

ドローイングⅠ・Ⅱ・Ⅲ

体の構造やプロポーションなどをしっかり考慮する基礎から、イラストタイプのものまで描けるようになります。各種コンテストでも評価を受けています。

必須受験資格

ファッションデザイン専攻科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技術検定 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ※必須
  • ファッション色彩能力検定 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造技能士」(国家検定) ※希望

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションデザイン専攻科の
企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3

就職先業種について

就職実績98%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
縫製職
パタンナー、CADオペレーター、ソーイングオペレーターなど
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
営業職
アパレルメーカー営業・企画など
その他

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 自分自身で、デザインを考えて作ることが好きだったことと、作りたいものや、やりたいことが自身の中で明確だったのでブランドを始めました。リサーチや、体験、自分が思考したものが作るものに反映されるので楽しいです。それが仕事として出来れば良いなと思っていて、繰り返すことで思考が深まることをずっとしていきたいと考え、スタートしました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 服のデザインから縫製までを行い、それをweb shop やイベントなどで販売しています。現在はヴィンテージのスカーフや中古の衣類を使った服を制作しています。シーズンによってはテキスタイルの柄からデザインし、制作することもありますし、それが最も私らしい表現であるととらえています。アーティストとの、コラボレーションにも取り組んでいます。 自分で全てを選択し、決めて制作することが仕事なので、「作ること」「楽しいこと」を仕事にしている実感があります。またその作品を気に入ってくれた誰かの手に渡って、服を着ることを楽しんでもらえることがとても嬉しいです。その時に自分が考えていることを深めて形にすることが楽しく、尽きる事のない追及共いえるので、さらにやっていきたいと思います。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? コンテストや服関係のアルバイトなどは積極的にやったと思います。 良い先生や友達と出会うことができて、卒業後も私の人生に良い影響を与えてもらいました。 授業で縫製やパターンなどを3年間を通じて習得できたので、今の自分で服をつくることができるデザイナーとしての道が開けたと思います。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください 世界中で色々なものを見、体験し、それを形にしていきたいです。 様々な経験を自分のクリエーションとして深め、発表していきます。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします ファッションはとても楽しく人に喜びを与えてくれるものです。 純粋に好きという気持ちが一番大事だと思うので、その気持ちを忘れず、伸ばしてほしいです。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 昔からブライダルのお仕事に興味があり、主役の花嫁様だけでなくご親族、ゲスト様もまとめてドレス選びやヘアメイク、ネイルなどトータルでドレスアップができる場所が欲しいなと思い、レンタルサロンを作りました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 経営だけでなく接客、ドレスのバイイング、結婚式や撮影のプロデュース、オリジナルアイテムの制作販売など業務は幅広くありますが、全て【結婚】に携わる内容なので緊張感があり、何をしてもやりがいがあります。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 友人とチームを作り3年間毎年ファッションショーを開催していました。制作や会場探し、チケット販売など全て自分達で行い、失敗や反省もありましたが、まずやってみるといった経験が今の仕事に繋がっていると思います。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください お客様のご相談内容に対して出来ないではなく『お任せ下さい!』と挑戦し続ける姿勢を大切に、福岡で根強くご家族3代でご利用頂けるサロン作りを目指し、頑張って行きたいと思っています。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします とりあえずやってみる!初めての試みは不安もたくさんあると思いますが、チャンスはどこにあるかわからないので、なんでもチャレンジしてみましょう。夢を叶えるには行動力と好奇心そして何より笑顔が大切です。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 フランスから帰国し、都内で就職活動をしていたところ、香蘭の同級生が一緒にブランドを始めよう!と誘ってくれたのがきっかけで「RAFTWORKs」を立ち上げました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 現在は都内で外注のアトリエとして、デザイン依頼、パターン依頼、サンプル縫製など幅広く対応しています。その他にも、パリファッションウィーク見学会の企画・運営、アフリカで新しくブランドを立ち上げ準備中です。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 学生時代はとにかく服をたくさん作りました。作っていくうちにいろいろな疑問が湧いてくる。それを解決していく作業がとても楽しかったです。また、学生時代の友人がいまでも一緒に仕事ができている事に幸せを感じます。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください ファッション業界も環境汚染、労働環境、賃金問題など様々な問題を抱えています。 その問題に自分なりの解釈で取り組み、共感できる仲間と共に新しいファッション業界を作っていこうと思っています。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします テクノロジーの発展で、これからはファッション業界に限らず様々な業界で年齢が関係ない時代になると思います。 ファッションは衰退産業だと言う人もいるけれど、そんなことはありません。一緒にファッション業界を楽しみましょう!

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 私がモデリストを目指したいと思ったのは、服に仕上がるまでの全ての工程に関わりたいと思ったからです。 企画・デザイン・パターン縫製とどの段階にも見て触り感じる、つくり手の思いを込められる、そういうものづくり(服)を世に生み出していきたいからです。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 デザイナーとの企画チェック後、素材決め、型出し、そして年に4回行われる展示会に向け何度もデザイナーとものづくり部隊(モデリスト)のチェック後、修正を繰り返し納得のいく服づくりをしています。 私はニットを主に担当していますが、ニットは布帛よりも伸びや縮み、またシルエットの変化が激しいため型出しもドレーピングを中心にやっています。その感覚を試しながら型を大切にしさらに深化させる服づくりが出来る環境にやりがいを感じています。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 私はニットに夢中でした。自分なりに編み方を勉強したり考えたりしていました。 現在会社ではニット担当を任せてもらい、ニット専門の方々と一緒に製品を作り上げています。 独学で好きなことをやっていたのが、今はそれを専門にして働くことにつながり毎日ワクワクドキドキしながら服づくりをしています。 専攻科在学中に学んだパターンやものづくりの基礎が、モデリストとして自分の支えとなり力となって日々過ごせているのを感じます。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください まだまだやってみたいことなど私自身一つのものだけに向かっていくという性格ではないのですが、今モットーにしているのは、自分の中で良いと思うものには時間をかけてでもやっていきたいと思っています。つまりは妥協しない事です。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします まずは何ごとにも興味を持って挑戦する事です。 やっている内に好きになったりもっと知りたいと探究心が生まれることもあると思います。そしてファッション以外の分野にも目を向けてみることも大切です。音楽、スポーツ等ファッションとのつながりや歴史を勉強して時代と共に変化するファッション学ぶことも、これから先を作っていく人達には欠かせないものだと思っています。 最後に継続することです。これはどんなことにも言えますが、継続することが次のステップの一番必要なことだと思います。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 服が好きで服に携わる仕事がしたいと漠然と抱いていました。学生時代にパターンを工場さんに依頼する機会があり、ちょっとしたパターンの違いで製品の上りに大きくかかわります。そこでパターンの重要性と面白さを感じるようになりました。 その後パタンナーになりたいと思い就職活動を始めました。学校の勧めもあり今の会社と出会い縁あって働いています。 デザイナーからパタンナー、企画、営業、販売、生産と一括して社内で行っています。密に連携を取れるからこそ丁寧なものづくり、センスがあり一からもの作りに携われることに魅力を感じています。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 パタンナーの仕事内容としてはデザイナーから絵型をもらいイメージをもとにCADでパターンを引きます。トワル組み後デザイナーと相談しながらサンプルを工場さんに依頼します。シルエットや着心地などにも気を遣いながらデザイン画に沿った形を目指します。生地とパターンがぴたりとはまってかわいいアイテムができたときはとてもうれしいです!

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 三年時には一人一人ブランドを作り卒業展で発表します。ブランドの立ち上げからショーに出す衣装を一人3点作り毎日20時頃まで学校で制作していました。先生方のご協力もあり挑戦、追求できる環境が揃っていました。とても感謝しています。 自身のレベルアップにつながると思います。企画、生産、営業と密にコミュニケーションを取り、多くの人にファンになってもらえるパタンナーになりたいです。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください 経験を積みマルチに活躍できるパタンナーになることが目標です。会社では先輩方に1からパターンの原理や展開方法、美しいラインの引き方などを教えてもらえる環境があり、自身のレベルアップにつながると思います。企画、生産、営業と密にコミュニケーションを取り、多くの人にファンになってもらえるパタンナーになりたいです。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 私は高校生の頃古着屋さんでヴィンテージのドレスの虜になりました。服が好きでいつかは服に関わる仕事がしたいと思い、香蘭ファッションデザイン専門学校に入学しました。専門学生は毎日忙しそうなイメージがあると思いますが、同じ目標を持つ仲間たちや親身になって相談に乗ってくれる先生方とともに充実した三年間を過ごすことができました。卒業してからもクラスメイトとは近況を報告しあい、旅行に行ったりと一生の友ができたと思います。進学や就職色々悩むと思いますが、好きなことを仕事にして充実した日々を過ごしませんか。