ファッションデザイン専攻科

3年制ならではの強みを活かし、高度な知識と技術を追求しマスターします。
ファッションの基礎から、プランナー、デザイナー、パタンナー、モデリスト等
すべてに通じる高度な専門能力を培います。

主任 宇土 ユカ 先生からひと言

ファッションデザイン専攻科カリキュラム、最大の特徴は服づくり、ものづくりを理解したデザイナー、パタンナー、企画者、モデリストの育成です。築きあげた実力は自信に繋がる。3年後確実に夢に一歩近付く、自身の将来像を描く礎を学ぶ最短のプログラムがここにはあります。

主任 宇土 ユカ 先生からひと言

レベルアップの流れ

プランナー、デザイナー、パタンナー、バイヤー、すべての職種に通じる高度な専門能力を養います。

1年次

1年次では、ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

企画職・デザイナー・パタンナー・アパレルCADオペレーターに通じる実力の基礎を身につけます。

2年次

技術と感性、そして表現を伸ばし
即戦力となる人材に

1年次の基礎技術をもとに、よりアパレル業界の現場で必要とされる能力を、企画力(パターン力を含む)を中心として養います。

3年次

プロとして通用する専門性を
追求します

デザイナーの感性と、ビジネスの視点も取り入れたプロデュース能力を磨きアパレル業界で望まれる人材を育成します。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

服づくりがわかるデザイナー育成カリキュラム

総論
  • 服飾造形論
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材
  • デザイン基礎
デザイン
  • 服飾デザインI
  • 服飾デザインII
  • 服飾デザインIII
  • ファッション色彩I
  • ファッション色彩II
  • ドローイング
企画
  • プロデュースI/ブランド
  • プロデュースIII/Fショー
パソコン
  • グラフィック I/画像編集
  • グラフィック II/デザイン
  • アパレルCAD
服飾デザイン
  • パターンメーキングI
  • パターンメーキングII
  • パターンメーキングIII
  • ドレーピング
  • ソーイングI
  • ソーイングII
  • ソーイングIII
  • ハンドワーク
流通・販売
  • ファッションビジネス知識
  • 市場調査
  • ビジネスマナー
  • マーケティング論
  • ウェブマーケティング

授業内容の紹介

この道を極めたい!本気に応える充実の授業内容。基礎からじっくり学べるのも3年制ならでは。

プロデュースI・ブランド

ポートフォリオ、プレゼンシートや、その実物作品・商品の製作を通し、就職活動や入社後に必要なプレゼンテーション能力を養います。また各種コンクールへのチャレンジにも対応します。

パターンメーキングI・II・III

生産性などを考えて作るパターンは、服づくりにおける要のスキルとなります。

ドレーピング

立体での服作りを学ぶことでパタンナーとしてのスキルを磨き、デザイン展開の幅を広げることができます。オリジナリティあふれる作品もここから生まれます。

アパレルCAD

操作方法を学ぶことで、パタンナーとしてのスキルがアップし、現場で求められる人材となります。

ソーイングI・II・III

デザインをよりよいものにするために知っておきたい基礎知識が満載です。また、アパレル、クリエイティブと、より専門的に学んでいきます。

ドローイング

体の構造やプロポーションなどをしっかり考慮する基礎から、イラストタイプのものまで描けるようになります。各種コンテストでも評価を受けています。

必須受験資格

ファッションデザイン専攻科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技能検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造職種」(国家検定)I・II ※希望

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションデザイン専攻科の
企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4

就職先業種について

就職実績99%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
営業職
アパレルメーカー営業・企画など
その他

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

畑瀬 あゆみさん

株式会社侶丹 企画(デザイナー)
畑瀬 あゆみさん
※2010年度ファッションデザイン専攻科卒

畑瀬 あゆみさん

1.この仕事を選んだきっかけ

私がデザイナーを目指したいと思ったのは、“単に洋服が好きだから”という事だけではなく、服を通して女性をより素敵にしたいと思ったからです。オケージョンのドレスは結婚式等、晴れの場で着る特別な一着です、芸術品やアートのような美しさと個性を持った服はありますが、わたしはそこではなく、万人に愛される、誰にでもある女性のコンプレックスを包みこんで美しく変えるような、そんな服をつくりたいと思いこころざしました。


2.仕事内容、魅力ややりがいについて

仕事内容は、主に年4回の展示会に向けてのデザイン出し、生地の仕入れ(国内・海外)、年4回の展示会に向けてのオケージョンシーンのゲストドレスの商品のデザイン、各デザインを企画MDにプレゼン・その後パタンナーさんと打合せ後進行です。素材選び、海外での生地の買い付けや、オリジナル生地の制作をしたり一からオリジナル製作できるのは企画デザインの醍醐味であるのと海外を自分の足で回って、まだ他ブランドで使われていないような生地を発見しこれでどんな商品を作るのか考えるのもとてもワクワクします。いかに良い商品を、手に取り易いお値段でお出しできるかの工夫を常に考え、日々、原価との戦いです!
世の中の結婚式のありふれたドレスとは違う、新しい提案を目標としているのでバイヤーからの、“新しいですね!可愛い”という嬉しいお言葉はやりがいを感じます!またお客様からのこの服を着たい、可愛いの一言は一番の励みで、この仕事をしていて良かった!と思える瞬間です。


3.在学中に学んだこと

パターンの基礎や、ものづくりの姿勢、全て学校で教えていただきました。商品の企画はものをつくるだけでなく、その商品の良さを、自分の言葉や絵、いろいろな方法で伝える事が大切です。そのプレゼンやコミュニケーションの取り方、学生時代のショーの制作を通して、“出来ないと思った事もやってみて、いろんな方法を考える“という、ものつくりの取り組み方を学びました。


4.学校の魅力について

パターンや縫製、洋服作りの基礎、基本が学べるのはもちろんですが、ショーの制作を通して、自分のやりたいことの表現の仕方、ものつくりの取り組み方、姿勢も全て学べてサポートして頂ける、温かい雰囲気の学校です。


5.これから入学する方へ

自分の好きな事を仕事にするのは、とても恵まれた事だと思いますが好きだからこそつらい事もあると思います。ですが、あきらめない事と継続する事、いろんな事をやってみてから考える事はとても大事だなと実感しています。


6.これから叶えたい夢や目標

1シーズンで終わるような服ではなく何年か後に見ても大事にしたいと思える洋服、女性を晴れの場で、輝かせるような幸福感のある服作りを目標としています。


仕事風景

進路・就職についてさらに詳しく