ファッションビジネス科

ショッププランニングコース
ファッションコーディネートコース

ショッププランニングコースは、福岡を中心としながら幅広くファッション市場を観察して、
ECサイト、実店舗を両立する「新しいショップのカタチ」を常に提案し続けます。
企業連携型の実店舗運営を通して、時代に則したマーケティング知識、プランニング、マーチャンダイジング、経営企画を身につけ、
最終的にショッププランナー・バイヤー・マーチャンダイザー・EC担当を目指します。
ファッションコーディネートコースは、ファッション業界の最前線で活躍出来る即戦力!お客様に寄り添った接客技術を基本として、
トレンドの分析、提案力など店頭接客とSNSの両方からファッションの楽しさを発信していきます。
企業連携型の店舗研修を通して、顧客経営に必要なセールステクニック、ファッションコーディネート、パーソナルカラーなどを身につけ、
最終的にファッションアドバイザー・パーソナルコーディネーター・スタイリストを目指します。

主任 松延 直明 先生からひと言

皆さんはファッションが好きですか?私はもちろん大好きです!今皆さんが持っている「ファッションが好き」という気持ちを自分の天職にしてみませんか?
ファッション好きが集まって、競い合い、ともに成長することで夢への第一歩を踏み出しましょう!情熱を持ち続けていれば、きっと夢にたどり着けます。
才能や技術だけでは、ファッションビジネスは成り立ちません。ビジネスの基本は「人から喜ばれる」ことです。
ファッションが好きという気持ちにさらに磨きをかけて「ファッションで人を喜ばせることができる」という魅力を身につけましょう!

主任 松延 直明 先生からひと言

レベルアップの流れ

ショップマネージャーやショップオーナー、バイヤー、マーチャンダイザー、ショッププランナーなど、
市場の動向を読み、新たに創造するプランニング力を培います。

1年次

ファッションアドバイザーとして必要な基礎課程の習得

ファッションビジネスの基本となるファッションアドバイザーに必要な商品知識、接客技術、ビジネス知識などをグループワークを中心に学び、身につけます。

2年次/ ショッププランニングコース選択時

ショッププランナー・バイヤー、マーチャンダイザー・EC担当などビジネスプランを企画・提案することで収益を得る専門職を目指します。

知識の習得だけではなく、実際にリアルショップ、ネットショップの企画・運営を行うことで、より現実的なファッションビジネスを実体験を通して学びます。

卒業・就職 卒業・就職

2年次/ ファッションコーディネートコース選択時

ファッションアドバイザー・スタイリストなどお客様やクライアントにコーディネート提案をする専門職を目指します。

パーソナルカラーなどの専門知識の習得と、現場研修で実際に店頭で接客することにより、顧客に特化した接客技術を体験型で学びます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

プロへの夢を実現させる、きめ細やかなカリキュラム。

※文字色●はショッププランニングコースのみ ※文字色●はファッションコーディネートコースのみ

総論
  • 現代ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材Ⅰ
デザイン
  • パーソナルカラーⅠ
  • パーソナルカラーⅠ・Ⅱ
  • プロモーションデザインⅠ・Ⅱ
  • プロモーションデザインⅠ
企画
  • プロデュースⅠ・Ⅱ
  • プロデュースⅠ
  • プロデュースショーⅠ
パソコン
  • グラフィックⅠ・Ⅱ
  • グラフィックⅠ
服飾造形
  • ソーイングⅠ・Ⅱ
  • ハンドワークⅠ
流通・販売
  • ディスプレイⅠ・Ⅱ
  • 市場調査Ⅰ・Ⅱ
  • ビジネスマナー
  • ウェブマーケティングⅠ・Ⅱ
  • ファッションビジネス知識Ⅰ・Ⅱ
  • 販売実習Ⅰ
  • マーケティング論Ⅰ・Ⅱ
  • リテールマーケティングⅠ・Ⅱ
  • ファッションビジネス知識Ⅰ
  • 販売実習Ⅰ・Ⅱ
  • マーケティング論Ⅰ
  • 接客英会話
  • ファッション販売
  • ファッションビジネス演習
コーディネート
  • ファッションコーディネートⅠ
  • ファッションコーディネートⅠ・Ⅱ
  • カメラワークⅠ・Ⅱ
  • ヘア・メイク・ネイル

授業内容の紹介

ショッププランニングコース

ファッションからマーケティングまで、業界のニーズに応えることのできる幅広い授業を網羅しています。

プロデュースⅡ

自分たちでオリジナルのショップ企画を立てていきます。学外連携企業にもアドバイスをもらい、ショップデザインからプロモーションまでのトータルプランを作成。プレゼンテーションも行い、実際に学内、学外で期間限定ショップとしてオープンします。

ディスプレイⅡ

ウインドウディスプレイやショップ内の商品陳列を含むVMDを学びます。海外でも活躍する専門講師の指導の下、トレンド性のある「魅せるディスプレイ」を学内にあるディスプレイスペースや連携企業のウインドウディスプレイを作成することで、実践形式で学びます。

リテールマーケティングⅡ

小売業界の唯一の公的資格と呼ばれ、アパレル業界でも就職、昇給条件にする企業が増えつつある「リテールマーケティング検定」の取得を目指します。常勤教員が養成講習会指導員の資格を有しており、授業を受けることで検定試験の科目免除を得る(予備試験合格条件有)ことが出来ます。

グラフィックⅡ

ショップに関わるデザインを、IllustratorやPhotoshopを使って作成します。内装デザイン、ロゴデザイン、ショッパーバッグなどのプロモーションデザインだけではなくDTPと呼ばれる雑誌作りの技術、またECサイトのデザインなどを行います。

ファッションコーディネートコース

トータルコーディネートの提案に必要な最新のトレンド分析、パーソナルカラー、メイクにいたるまで習得します。

販売実習Ⅱ

接客の基礎知識から応用までを「ロールプレイング」と呼ばれる手法で学習します。お客様役とファッションアドバイザー役に分かれてアプローチからクロージングまでを学内のディスプレイ室で行います。また2年生後期からは各連携企業の実際の店頭でファッションアドバイザーとして実務を経験します。

市場調査Ⅱ

福岡の天神・大名地区等の繁華街を中心として自分たちの五感でファッション市場を調査します。街中の服装傾向からショップのディスプレイ、VMDなど各項目をグループや単独でウインドウショッピングを楽しみながら調査し、その後分析を行います。そこで得られた情報とジェネラルトレンドを総合して様々な提案を行います。

パーソナルカラー

各個人に似合う色を提案出来るように、色彩活用パーソナルカラー検定2・3級の取得を目指します。固有色名からカラーイメージの知識を経て、その人の肌、髪、瞳の色に合わせたカラーコーディネートが出来るように、前期で基礎的な3級の取得を経て、後期に2級を受験する事でより専門性を高めます。

ファッションコーディネートⅡ

コーディネートテクニックに加え、福岡の市場性やコレクション情報等トレンド性を加味した上で、ファッション傾向の情報収集から分析、そして提案までを行えるように学習します。感性的な提案だけではなく様々なニーズ、様々なシーンといったオケージョンに合わせた実践的コーディネート提案が出来るように実習形式で進めて行きます。

必須受験資格

ファッションビジネス科で必須、希望受験の資格一覧

  • ファッション販売能力検定 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ※必須
  • ファッション色彩能力検定 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ※必須
  • ファッションビジネス能力検定 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ※必須(ショッププランニングコースのみ)
  • リテールマーケティング検定 ※必須(ショッププランニングコースのみ)
  • ブロンズライセンス認定試験 ※必須
  • 色彩活用パーソナルカラー検定 ※必須(ファッションコーディネートコースのみ)
  • ネットショップ検定(実務士補) ※必須(ショッププランニングコースのみ)

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションビジネス科の企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4
  • 企業コラボ5
  • 企業コラボ6
  • 企業コラボ7

就職先業種について

就職実績93%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
縫製職
CADオペレーター、ソーイングオペレーターなど
営業職
アパレルメーカー営業・企画など
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
その他
スタイリストアシスタント、
ブライダルコーディネーター、ECなど

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 自分がどんな仕事をこれからしようかと思ったとき、「服に携わる仕事」という漠然な理由で就職活動をしていました。 「営業」という職種を選択したのは、営業はすべての基礎となるものが学べ、他の職種に応用できると思ったからです。 実際に入社2年目には、得意先デザイナーやバイヤーに企画やデザインの提案もでき、海外工場へも直接伺い生産指示なども行っていました。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 パーティードレスを中心とした、バッグ、アクセサリー、パンプスなどのフォーマルアイテムの企画、製造及び卸販売や、ブランドOEM生産、韓国発のジェルネイルシール「ÉDGEU」の日本総代理店としての販売、プロモーション。撮影スタジオ「studio02」の運営も行なっています。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 自分ひとりができることは限られている、いかに周りの人材を使うことができるのかを考える。 いい業績を出せたとしても、会社というのは継続していかなければならない。自分ひとりが120%の頑張りでいい業績を出したとしても、どこまでそれが続けられるのか。次の月は業績落としましたではなりたたない。継続させるためには、それぞれが役割を担うことで会社という組織が成り立つ。 現校長である深田先生(元ビジネス科担任)には、仕事の原点を学ばせていただいたと思っております。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 就職に関し、親身に対応してくれ、自分が現職場に就職できたのも「こんな仕事興味ある?」という先生の一言から、面接を受け就職することができました。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 これからの将来、迷っている方も多いと思います。私自身も決まってない状態でした。ただ、今を大事に取り組むことが大切だと思います。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 元々アパレル業界の営業職に興味があり、在学中に学んだスキルを活かせる職場はないかと模索していたところ、当時の担任だった深田校長に企業を紹介され、自分の本当にやりたかった仕事を見つけることが出来ました。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 服飾雑貨全般のオリジナル商品を自ら企画、中国協力工場へ生産を依頼し、国内輸入後に全国の卸問屋・小売店へ販売しています。 小人数の会社の為、各々が営業・企画・輸入業務・経理を兼任しています。 一人一人は小さな存在ですが、繋がれば大きな力になる。それを信念に営んでいます。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? ファッションビジネス科でイラストレーター・フォトショップ等を学び、社会人1年目から企画の面では即戦力として、尽力することが出来ました。入社して間もない状態でも活躍できるスキルを身に付けられる学校です。 また、実践的なスキルだけではなく、日々社会人としての心得を諸先生方に教わりました。 社会に出るまでの2年間は本当にあっという間でしたが、卒業して14年たった現在も、学生時代に教わったことは身に染みていると感じています。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 当時高校を卒業して間もない自分が、様々な趣味嗜好を持った人達に出会い、これまで触れたことのないファッションを通じて視野が広がったことです。 色んな仲間たちと切磋琢磨し過ごした2年間、それは濃い思い出です。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 誰しもが想像も出来なかった今のご時世で、学生時代に描いた夢を未だに追いかけて頑張っている人達がいます。 そんな夢に向かって全力で背中を押してくれる先生方に恵まれた学校なら、これだ!と思う仕事をきっと見つけられると思います。 将来アパレル業界を一緒に盛り上げていける日を楽しみにしています!

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 長い間アパレル企業で販売スタッフ、マネージャーを経験し、売上げや予算といった数字ばかりが優先されがちな接客や、自社の商品しか提案する事ができないサービスに違和感を感じ、売り上げを取る為に服を売るのではなく、本当にファッションで困っている方々の為に適切な服の選び方や着こなし方を伝えながら人の役に立ちたいと思い現在の仕事をはじめました。 また、これからはどこでサービスを買うかよりも誰から買いたいかが重要になってきますので、そういった意味で自分や自分のサービスの価値を自分で高めていきながら、今後の時代に生き残っていくためにも行動に移そうと考えました。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 現在は、経営者や婚活活動を行っている方々をメインにパーソナルカラー診断や骨格タイプ診断含め、オンオフともにお客様一人一人に合わせた服の選び方、着こなし方を提案しています。 事務所を使ったりZOOMなどのオンラインで、お客様の目的やお困りごとを解消するための専門的なカウンセリングアドバイスを行ったり、実際にお会いして一緒にショッピングに付き添いながらスタイリングを提案したり服の選び方のコツなどパーソナルなファッションアドバイスを提案しており、服を売るサービスではなく知識や経験からお伝えできる自分だけの無形資産を売るサービスを行っています。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 個人で事業を始めるときに香蘭で頂いた教科書や資料をすべて実家から引っ張り出してまた読み直しました。そこで改めて専門学校で学んだ内容の価値の高さを痛感しました。 ビジネス科で学んだパソコンスキルも販売からマネージャー、本社勤務とポジションが上がるにつれて生かされる事が非常に多いですし、当時は重要さが理解できていなかった服飾の歴史や繊維、生地の基礎知識などなど、すべて本当に現場で活かされる重要な内容だったのです。 現在も、当時の教科書を何度も見返しながら資料作成に活かしたり、基礎知識として復習に利用しています。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 なんと言っても刺激のある環境です。まわりにおしゃれな人や服に詳しい人がたくさんいて、何よりみんなファッションが好きでこの学校にいるので、たったの2年間でしたが、そんな生徒のみんなと毎日を過ごすことで、ファッションへの意識や感度がぐんぐん上がっていきます。 良い意味でライバル心も掻き立てられる環境ですし、聞きたいことも先輩や仲間、先生に聞けるので、学校にいる間に学校の人たちはみんな仲間だと思ってたくさん交流することをおすすめします。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 正直専門学校に入る事は簡単です。 アパレル業界に入る事も簡単です。 でも、その業界の中で本当に必要とされる社会人になれるかどうかは、自分次第です。 これからの時代は、表面的なやり方では通用しない時代になっています。 本質的な価値が何なのかを常に考え、疑いを持ち、うそか本当かわからない情報に踊らされて本質がブレないよう自分の芯を持って学び、挑戦し続けて欲しいと思います。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 別のアパレルショップで働いていた時にこのお店のセレクトが好きでよく通っていて、新店舗を作るタイミングに誘っていただいて働くことになりました。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 店舗、ネットでの販売、それに伴う仕入れ(メーカーへのオーダー)などを行っています。頻繁ではないですが海外(アメリカなど)へ買い付けなどを行う場合もあります。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中に学んだことはファッションについての基礎知識はもちろんのこと、ファッションショーや卒業制作にあたっての集団行動だったり、1番は深田先生(現校長)から言われていた、人として当たり前の時間厳守(約束事)、身の回りの整理整頓は心がけています。 社会に出た際にはここが1番社会的信用に繋がってくるので気を付けています。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 香蘭ファッションデザイン専門学校は当たり前ですがファッション業界に携わっている方が多く、卒業後も年代問わず卒業生とファッションのことで繋がれることが魅力です。 当店でオリジナルブランドを作っていますが、製作は卒業生のRAFTWORKsの大坪さんにお願いして、作ってもらっています。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 ファッションはデザインし作ること、販売することでファッション業界にとどまらず、いろいろなジャンルの方々と繋がり楽しんでいける職業だと思います。 その基礎を香蘭ファッションデザイン専門学校ではしっかり学べますよ!

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 幼い頃からお洒落や洋服が好きで、洋服に携わる仕事をしたいと思ったのが販売員になるきっかけです。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 新規顧客の開拓と既存顧客のフォロー、接客、人材育成、売上管理や商品管理、店頭VMDなどの店舗運営など、お客様の買い方が多様化する中で、オムニチャネル化に向けた取り組みは特に力を入れている内容です。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 在学中に日々試行錯誤しながら取り組んだファッションショーや撮影では、前向きにチャレンジする力やメンタル面を鍛えられ、当時の経験は今の仕事に対する向き合い方に繋がっていると思います。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 専門的なことを勉強でき、在学中に取得した資格は、就職の際の強みになりました。また、社会人である今でもその内容を活かすことができています。 在学中に取り組んだインターンシップでは、学生のうちから現場の空気を肌で感じることができ、仕事内容も確認できるので、就職した際に落ち着いて仕事に取り組めました。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 様々なことに興味を持ってアンテナを張り、情報収集をしておくと、色んな場面で役に立ち、自分自身の成長にも繋がります。 ぜひ沢山の経験をしてみて下さい。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 母の影響も大きく小さい頃から服が好きで、アパレル業界以外考えていませんでした。 「コムデギャルソン」というブランドは、授業で自分のブランドを立ち上げる際に模範にしたブランド、学生時代は数着しか持っていない憧れのブランドでした。 2年生になり当時担任だった平尾先生に勧めて頂き履歴書を送り、今に至ります。感謝しています。

Q2.今のお仕事や業務内容について教えて下さい。 仕事は、発注、店頭レイアウト、販売、在庫管理など、販売に限らず経営以外の全てのことを店舗スタッフに任せてもらえます。

Q3.在学中に学んだことが今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 授業で学んだ素材、ファッション史、ディテールの名称など、基本的には全て生かされると思います。日々勉強中ですが、知識はあればあるほど会話に説得力が生まれ、お客様に納得して頂く一つの武器になると思います。

Q4.学校の魅力はどんなところですか?具体的に教えてください。 販売は、「毎日好きな服を自由に着る機会をくれる」仕事。社会人になってみると意外とここは大きいです。

Q5.これから入学する高校生にメッセージをお願いします。 私は「ファッションが好き」という気持ちで乗り越えてきました。その気持ちさえあれば続けることができると思います。好きなファッションで学校に行って"服飾専門学生"をめいっぱい楽しんでください。