ファッションデザイン科

それぞれの個性や才能を呼び起こし、必要とされる人材に。
ファッションの基礎から、ファッション業界でデザイナーとしての
即戦力になり得る知識と技術を2年間で集中的に培います。

主任 堤 麻実子 先生からひと言

ファッションデザインの基礎から学び、発想力と造形力を身につけていきます。
売れる商品デザインとクリエイティブなデザインを自分の感性で表現しましょう。

主任 堤 麻実子 先生からひと言

レベルアップの流れ

ファッション業界でデザイナーとしての即戦力になり得る知識と技術を2年間で集中的に培います。

1年次

ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

服作りの基礎を学ぶと共に、ドローイングや色彩、素材や商品知識などもしっかり習得し、デザイナーに必要な感覚・感性を磨きます。

2年次

実践的なデザイン企画で、
即戦力となる人材を目指します

商品企画や流行分析などの実践的な経験を習得することで、ファッションに対する視野を広げ、実際に売れるための商品における発見力とデザイン力のアップにつなげます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

情報やアイデアをデザインするカリキュラム

総論
  • 服飾造形論Ⅰ・Ⅱ
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材Ⅰ
  • デザイン基礎
デザイン
  • 服飾デザインⅠ・Ⅱ
  • ファッション色彩Ⅰ
  • ドローイングⅠ・Ⅱ
企画
  • プロデュースショーⅠ
パソコン
  • グラフィックⅠ・Ⅱ
  • アパレルCADⅠ
服飾造形
  • パターンメーキングⅠ・Ⅱ
  • ドレーピングⅠ・Ⅱ
  • ソーイングⅠ・Ⅱ
  • ハンドワークⅠ
流通・販売
  • ファッションビジネス知識Ⅰ
  • 市場調査Ⅰ・Ⅱ
  • ビジネスマナー

授業内容の紹介

デザイナーとしての好奇心を刺激する、興味惹かれる授業が盛りだくさん。即戦力としての技術も磨けます。

ドローイングⅠ・Ⅱ

基本プロポーションの描き方から、様々な着彩道具の使い方、ディテールの描き方を学びます。

グラフィックⅠ・Ⅱ

基本的なPCの知識として、グラフィック系のソフトの操作方法を学びます。

服飾デザインI・II

形・色・素材の構成について学び、クリエイティブな感性とデザイン力を身につけます。

プロデュースⅠ

商品企画の基本的な流れを学び、ターゲット分析や市場調査を踏まえたアパレルデザインを提案する力を身につけます。

必須受験資格

ファッションデザイン科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技術検定 I・II・III ※必須
  • ファッション販売能力検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造技能士」※希望
  • ブロンズライセンス認定試験 ※必須

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションデザイン科の企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4
  • 企業コラボ5

就職先業種について

就職実績92%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
縫製職
CADオペレーター、ソーイングオペレーターなど
営業職
アパレルメーカー営業・企画など
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
その他
スタイリストアシスタント、
ブライダルコーディネーター、ECなど

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 最初はデザイナーになる為にデザイン科志望で入学しました。 特に楽しかったのは深田先生のPCの授業でした。 就職するにあたり多くの業種がある事を知り、情報を発信する側の仕事につきたいと考えました。 元々写真をとる事が好きだったので、「写真」という分野でファッション業界で働きたいと思い、今日に至りました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 主軸はファッションウィーク 期間に世界中に飛びスナップ撮影をしています。国内活動だと広告やキャンペーン、ブランドのLook撮影などを手掛けています。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? Q1でも述べたように情報を発信する側に就きたかったので、教室にあったWWDなど毎日拝読し情報を集めクラスの皆に伝えたりしていました。 今の仕事でも最新の情報を収集し仕事に活かされています。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください これからの目標はPRADAの広告を撮影する事です。この目標を叶える為に日々精進しています。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 実はこの業界は肉体労働です。笑 気持ちと体力が大事なので、香蘭でその基礎を鍛えて頂き、現場でご一緒できれば幸いです。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 服を作る上で自分が何に一番やりがいや喜びを感じているのかを考えた時に、私はデザインを考え 、生み出すという事でした。 香蘭に入学してから特にそう思うようになった事が今の仕事を選んだきっかけです。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 展示会に向けて絵型を描いたり、生地のカットなどをしています。服が1着出来上がるまでの工程に多くたずさわっているのが今の仕事のやりがいです。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? 私は何でも早めに行動に移すようにしていました。 もちろん最初は大変ですが、慣れてくると時間と心に少し余裕が生まれて正しい判断が出来るようになってきたと思います。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください 1人で、デザイナーの仕事をこなせるようになるのが目標です。夢は多くの人の心を動かせるような新鮮なデザインと感動を与えられるデザイナーになる事です。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします アパレルの中でも様々な職種があります。 自分が今何をしたいのか、何が合っているのか、それをしっかりと見極める必要があります。色々な選択肢を持っている今こそ自分をちゃんと見つめなおして沢山努力してください。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 学校では、ファッションについて専門的に勉強していましたが、個人的にはファッションだけにとらわれずインテリアなどのコーディネート全般にも興味がありました。 1年生の頃に、当時の担任の先生が、同じデザイン科卒の社長とお話をさせて頂き、もともと自分の周りにあまりいないような仕事に就きたいと考えていたので入社しました。 なによりも、研修中に知らなかったことを教えていただき、経験させていただいたことが大きな刺激になりました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 一概に言いきれる職種ではありませんが、主に『企画・PLANの作成』→『見積り・コスト計算』→『製作』→『現場設営・納品』→『請求書送付』までの流れをクライアント様と打合せを行いながら進めていきます。 弊社の特徴が、物件ごとに担当者が就き分担せずに、一連して行うことです そうすることで、すべてを把握し責任をもって仕事を納めることができます。 その分学ぶことも多いですが、成長を実感できる瞬間はやりがいに繋がります。 また仕事内容も勿論ですが、人との出会いも大切にしているので、幅広い人との関わりで世界を広げていけることも刺激のひとつになっています。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? ファッションショーでの経験は、精神力・体力ともに鍛えられたと思っています。 そのタフさは現在の仕事にも活かされていますし、デザインの基礎から色彩やマテリアル、グラフィックの知識は業種を超えて重宝されると実感しています。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください 今でも海外でお仕事をさせていただく機会がありますが、今後もより深めていけたらと思います。 柔軟に進化し続け、お客様が喜ぶものを創り出していきたいです。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 何事にも興味をもち、固定概念にとらわれずに学んでほしいです。知識と経験は今後の自分の糧になります。 好きなものを仕事にできることは、大変ですがとても幸せなことですので真摯に取り組んで夢を叶えてください。

Q1.今のお仕事を選んだきっかけや理由を教えてください。 ファッションデザイン科で学んだことを活かして、アパレルの商品企画に携わりたいと思い、この仕事を選びました。

Q2.今のお仕事の業務内容や、やりがいについて教えてください。 企画職の業務は、商品のデザインや企画提案をするだけでなく、仕様書やパターン作成、サンプルチェック、カタログ作成など多岐にわたります。 工場から上がってきたサンプルをチェックする際には、在学中に習得したパターンや縫製の技術が特に活かされます。 工場とコンタクトを取りながら、商品化へ向けて進めて行くのは大変ですが、とてもやりがいを感じています。 また、営業活動に欠かせないカタログの作成では、フォトショップやイラストレーター、グラフィックの知識も必要となるため、日々努力を続けています。

Q3.在学中に熱心に取り組んだことはなんですか?そして、在学中に学んだことは今のお仕事やプライベートでどのように活かされていますか? デザインももちろん、パターンや縫製の技術が達成できる様に努力しました。 その力は今の仕事にも、仕様書作成やパターン作成する際に活かされています。

Q4.これからの目標や叶えたい夢を教えてください 現場で得た知識や技術を磨き、アパレル業界への理解を深め、任せられた仕事をよりスムーズに行うことが今の目標です。

Q5.ファッション業界を目指す高校生へのメッセージをお願いします 私が仕事を楽しめるのは「好きな事」「やりたい事」に一生懸命取り組めているからだと思います。 好きな事ややりたい事を一生懸命に取り組んだら、いつか成果が出ます。頑張ってください!