ファッションデザイン科

それぞれの個性や才能を呼び起こし、必要とされる人材に。
ファッションの基礎から、ファッション業界でデザイナーとしての
即戦力になり得る知識と技術を2年間で集中的に培います。

主任 堤 麻実子 先生からひと言

服づくりを基本に、クリエイティブで発想力が豊かなデザイナーの育成を目指し、服飾デザインやドローイングなどデザイナーになるための授業が満載です。さらに感性を磨き、一人ひとりがもっている五感をフル活用します。あなたもファッション業界で活躍する企業デザイナーになりましょう!

主任 堤 麻実子 先生からひと言

レベルアップの流れ

ファッション業界でデザイナーとしての即戦力になり得る知識と技術を2年間で集中的に培います。

1年次

1年次では、ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

服づくりの基礎を学ぶと共に、ドローイングや色彩、素材や商品知識などもしっかり習得し、デザイナーに必要な感覚・感性を磨きます。

2年次

実践的なデザイン企画で、
即戦力となる人材を目指します

商品企画や流行分析などの実践的な知識を学ぶことで、ファッションに対する視野を広げ、個性的な発想力とデザイン力のアップに繋げます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

情報やアイデアをデザインするカリキュラム

総論
  • 服飾造形論
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材
  • デザイン基礎
デザイン
  • 服飾デザインI
  • 服飾デザインII
  • ファッション色彩I
  • ファッション色彩II
  • ドローイング
企画
  • プロデュースI/ブランド
  • プロデュースII/Fショー
パソコン
  • グラフィック I/画像編集
  • グラフィック II/デザイン
服飾デザイン
  • パターンメーキングI
  • パターンメーキングII
  • ドレーピング
  • ソーイングI
  • ソーイングII
  • ハンドワーク
流通・販売
  • ファッションビジネス知識
  • 市場調査
  • ビジネスマナー
  • マーケティング論

授業内容の紹介

デザイナーとしての好奇心を刺激する、興味惹かれる授業が盛りだくさん。即戦力としての技術も磨けます。

ドローイング

基本プロポーションの描き方から、様々な着彩道具の使い方、ディテールの描き方を学びます。

グラフィックII/デザイン

基本的なPCの知識として、グラフィック系のソフトの操作方法を学びます。

服飾デザインI・II

形・色・素材の構成について学び、クリエイティブな感性とデザイン力を身につけます。

プロデュースⅠ/ブランド

商品企画の基本的な流れを学び、ターゲット分析や市場調査を踏まえたアパレルデザインを提案する力を身につけます。

必須受験資格

ファッションデザイン専攻科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技能検定 I・II・III ※必須
  • ファッション販売能力検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造職種」(国家検定)I・II ※希望
  • ブロンズライセンス認定試験 ※希望

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションデザイン科の企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4

就職先業種について

就職実績99%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
縫製職
パタンナー、CADオペレーター、
ソーイングオペレータなど

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

成清 功一さん

RAFTWORKs ATELIER DIRECTOR
成清 功一さん
※2006年 ファッションデザイン科卒

成清 功一さん

香蘭ファッションデザイン専門学校を卒業後、更に高い技術と知識を得たいと思い、株式会社タカラ、株式会社いしくらの縫製工場で腕を磨いてきました。知識や経験が増え始め、自分でクオリティーの高い計算した服を作りたいと考えるようになり、友人とアトリエ「RAFTWORKs」を設立。現在は“ISOMERS”メンズや子ども服のブランド活動をしながら、委託でのサンプル、小ロット量産を行っています。香蘭ファッションデザイン専門学校で学んだ大事な基礎と現場で得たものが合わさり、多くの挑戦へと繋がって今があるように思います。正直、技術を手に入れるまでは大変で不安になることが何度もありました。ですが目標を持ち、諦めなければ必ず切り開ける。もちろん大変なことは今でもありますが、楽しいことが増えてきています。目標は生涯服作りを学び、更なる技術を手に入れてMADE IN JAPANを発信していくこと。お直しをしてでも、ずっと大切にしたいと思われる服作りを目指しています。「好き」を仕事にできるのは本当に素晴らしいことです。

進路・就職についてさらに詳しく