ファッションデザイン科

それぞれの個性や才能を呼び起こし、必要とされる人材に。
ファッションの基礎から、ファッション業界でデザイナーとしての
即戦力になり得る知識と技術を2年間で集中的に培います。

主任 堤 麻実子 先生からひと言

ファッションは服だけではなく、全ての事柄から影響を受けます。授業では、一人ひとりの感性を磨き、クリエイティブで発想力豊かなデザイナーになるための授業を行います。仕事に活かせる能力を身につけるため、服作りを通してアイデアを形にする方法を学び、ファッション業界で活躍する企業デザイナーになりましょう。

主任 堤 麻実子 先生からひと言

レベルアップの流れ

ファッション業界でデザイナーとしての即戦力になり得る知識と技術を2年間で集中的に培います。

1年次

1年次では、ファッションの基礎を
「服づくり」を通して学びます

服づくりの基礎を学ぶと共に、ドローイングや色彩、素材や商品知識などもしっかり習得し、デザイナーに必要な感覚・感性を磨きます。

2年次

実践的なデザイン企画で、
即戦力となる人材を目指します

商品企画や流行分析などの実践的な知識を学ぶことで、ファッションに対する視野を広げ、個性的な発想力とデザイン力のアップに繋げます。

卒業・就職 卒業・就職

カリキュラム

情報やアイデアをデザインするカリキュラム

総論
  • 服飾造形論
  • ファッション史
  • アパレル商品知識
  • アパレル素材
  • デザイン基礎
デザイン
  • 服飾デザインI
  • 服飾デザインII
  • ファッション色彩I
  • ファッション色彩II
  • ドローイング
企画
  • プロデュースI/ブランド
  • プロデュースIII/Fショー
パソコン
  • グラフィック I/画像編集
  • グラフィック II/デザイン
  • アパレルCAD
服飾デザイン
  • パターンメーキングI
  • パターンメーキングII
  • ドレーピング
  • ソーイングI
  • ソーイングII
  • ハンドワーク
流通・販売
  • ファッションビジネス知識
  • 市場調査
  • ビジネスマナー

授業内容の紹介

デザイナーとしての好奇心を刺激する、興味惹かれる授業が盛りだくさん。即戦力としての技術も磨けます。

ドローイング

基本プロポーションの描き方から、様々な着彩道具の使い方、ディテールの描き方を学びます。

グラフィックII/デザイン

基本的なPCの知識として、グラフィック系のソフトの操作方法を学びます。

服飾デザインI・II

形・色・素材の構成について学び、クリエイティブな感性とデザイン力を身につけます。

プロデュースⅠ/ブランド

商品企画の基本的な流れを学び、ターゲット分析や市場調査を踏まえたアパレルデザインを提案する力を身につけます。

必須受験資格

ファッションデザイン専攻科で必須、希望受験の資格一覧

  • パターンメーキング技能検定 I・II・III ※必須
  • ファッション販売能力検定 I・II・III ※必須
  • ファッション色彩能力検定 I・II・III ※必須
  • 技能検定「婦人子供服製造職種」(国家検定)I・II ※希望
  • ブロンズライセンス認定試験 ※必須

企業コラボ

職業実践としての“企業コラボ”でプロの力を身につけます

ファッションデザイン科の企業コラボ詳細はこちら

  • 企業コラボ1
  • 企業コラボ2
  • 企業コラボ3
  • 企業コラボ4

就職先業種について

就職実績99%

香蘭ファッションデザイン専門学校では進路・就職に関わるサポート
を行う事で、就職実績を高いレベルで維持し続けています。

  1. ①独自の企業説明会や見学会を開催
  2. ②就職資料室
  3. ③OB・OG来校による現場の声が聞ける
  4. ④一人ひとりの就職活動指導

この4つの項目をしっかりと対応しています。

進路・就職についてさらに詳しく

就職先業種について

デザイナー・パタンナー・企画職・生産管理
デザイナー、ファッションプランナー、
マーチャンダイザー、服飾雑貨企画など
販売職
ファッションアドバイザー、ショップ店長、
デコレーターなど
縫製職
パタンナー、CADオペレーター、
ソーイングオペレータなど

卒業生からのメッセージ

ファッション業界で活躍している卒業生が綴ります

和田 彩さん

小竹正株式会社 企画(デザイナー・パタンナー)
和田 彩さん
※2010年度 ファッションデザイン科卒

和田 彩さん

1.この仕事を選んだきっかけ

昔からファッションには興味があり、物づくりも好きだったので高校はその分野を学べるところを選択しました。元々は、女性の輝く瞬間に関わっていたいと思いドレスデザイナーに憧れて香蘭に入学しました。しかし在学中にいろいろなことを学び、ファッションが好きな人たちと関わる事で日々のなかで服を楽しむ事を知りました。日常の中で自分を表現する事の楽しさを作っていきたいと思い今の仕事につきました。


2.仕事内容、魅力ややりがいについて

企画という立場でパターン作成からサンプルだし、展示会、生産の服ができるまでのすべての工程に関わる事ができています。その中で起こる問題や疑問点を解決できたとき、新しい事を知る事ができたときは自分の身になっているという実感があり、やりがいに繋がっていきます。また、展示会にも行かせてもらっているのでお客様の声を直接聞くことができます。良い反応をいただけた時は、嬉しく今後の糧になります。また街中でうちの服を着てくださっている人を見かけることもあり、自分たちが作ってきたものが全く知らない人の手に渡りその人の生活の一部になっていることが、とても嬉しいしこの仕事の魅力だと思っています。


3.在学中に学んだこと

デザイン科は2年間の中でファッションに関わる事を一通り学ぶ事ができました。デザインから、パターン、縫製、ウェブ関係まで学べたことで会社に入ってからいろんなことをさせてもらえるきっかけになりました。サマーショーではいろんな面で苦労し毎日が大変でしたが、あのときの頑張りが今の自分を作ってくれています。辛くなった時に思い出し自分を励ますことができる良い経験になりました。とても大変でしたが、ショーに出たときの楽しさは今でも心に残っています。


4.学校の魅力について

学校にはファッションが好きな人たちで溢れており、とても刺激を受けた記憶があります。自分が知らない世界や、雑誌・テレビでしか見たことのない個性的な人たちと毎日を過ごし、日々新しい発見ができるところです。学校にいるだけでわくわくしました。また、協力し励ましあえる友人と、親身になってくれる先生たちのおかげで課題を乗り越えられた事は学校生活においてとてもプラスでした。そして何より常に服と関われる空間であることです。


5.これから入学する方へ

服に興味がある、だけで始まった自分が生産する側にいるなんて高校生のときはピンときていませんでした。でも学校に入るといろんなことを知って経験する事で、デザインする、縫製する、販売するなどいろんな方法で服に関わる事ができます。在学中は勉強していくなかでいろんな視点に立つことができ自分のやりたいこと、将来のことを考えられると思います。たくさんのものを見て、経験していくことで自分の引き出しを増やし自信に繋がっていきます。やってみないとわからないことだらけ!制限はせずにいろんなことに挑戦してほしいです。


6.これから叶えたい夢や目標

現在、所属しているブランドで新ブランドを任せてもらえるようになったので、そのブランドを確立させることです。自分の表現したいものとニーズを合わせられるように追求し学んでいく事を忘れずに、だれかの日常になる服作りをしていきたいです。


仕事風景

進路・就職についてさらに詳しく